記念になる一言を
Just another WordPress site

もうすぐ夏が近づいてきました。この季節になると、小学校時代の夏休みが思い出されます。あの頃は夏休みが本当に大好きで、毎日カレンダーを見ながら夏休みまでの日数を指折り数えたものです。
うちの両親は宿題さえきちんとやればそれで良しと考えていたので、特に勉強について小言を言われることもありませんでした。いつもよりゆっくり起き、そしてずっとテレビを見ていられるのが嬉しかったです。夏休みの子供向けにたくさん放送されるアニメは、毎日の楽しみでした。
そして、夏休みで最も楽しみだったイベントは家族旅行です。行先は新潟だったり栃木だったり、はたまた静岡だったりと毎年異なりました。今でも特に印象に残っているのは、栃木のキャンプ場で過ごした三日間です。宿泊場所はキャンピングカーだったので、かなり新鮮でした。たくさんのアマガエルや大きな虫たちにちょっと驚きながらも、自然に触れてのんびり楽しく過ごすことができました。
今でも旅行が好きでよく行きますが、どんなに楽しくても子供の頃程の高揚感はないなと思ってしまいます。やはり夏休みというものは、子供たちにとって特別でかけがえのない時間なのでしょうね。今私は十分幸せなのであの頃には戻りたくはないですが、子供時代の夏休みには一瞬戻ってみたいような気がします。
乳酸菌

私は、人生においてこんなに美味しいものがあったのかと思うものを、食べることができました。それはマンゴーです。そのマンゴーは、近所の人が旅行に行っていたということで、そのお土産として頂いたものです。それを頂いたときは、すぐにマンゴーであると思うことができました。そのマンゴーの香りがすごかったからです。それを持参してくれた時に、玄関にマンゴーの香りが立ち込めていたくらい、その香りが充満していました。
早速食べてみることにしました。そのときは、残念なことに、子供たちも全員揃っていたので、一人分の食べる量が少ししかありません。しかもそのマンゴーを切っているうちから、どんどん食べられてしまいます。我が家では、マンゴーを食べる機会がなかったので、その珍しい果物に対して、家族全員が興味深々だったのです。そして私が食べようとした時には、やっぱり全てなくなっていました。私が食べたのは、マンゴーの種の周りの果肉です。その少しの果肉でも、とっても美味しく頂くことができました。そしてその時、この世の中には、たくさん私が知らない、美味しいものがあると思い、これからも食べたことがないものについて、色々を調べて行こうと思っています。
マンゴーの通販