記念になる一言を
Just another WordPress site

先日、地方に住んでいる友人が上京するということで久しぶりに全員揃っての女子会をしてきました。女子会のメンバーは、元々同じアーティストが好きという共通点があり、一緒にライブへ行ったり、ライブの前に女子会をしたりするようになりました。最近、アーティストがライブするライブハウスが固定されてきていることもあり、いつもファミレス。他に顔見知り程度で知っている同じファンの人達もこのファミレスでよく見かけるほど、都会であるにも関わらず、ライブハウス周辺ではご飯を食べるところがそこぐらいしかないので、お互いにいつもの所ねと言わなくても、そのファミレスに集まるほど、ライブの度に足を運んでいます。地方に住んでいる友達がなかなか上京出来ないので、すごく久しぶりに全員が揃った日でした。皆で色々な記憶を思い出しながら、このメンバーでの女子会は1年ぶりということが判明して、誰か彼かとは会っていたものの、フルメンバーとなると、そんなにも久しぶりなのに、全然久しぶり感はなく、久しぶりと言えば、まぁ久しぶりかなくらいで、1年ぶりとは思えない感じがありました。色々なメニューを見つつ、迷いながらもメンバー皆がいつものやつにしようってなっていました。とりあえずはお互いの近況の報告とかを話していたのですが、好きなアーティストの話でも盛り上がりました。本当にあっという間に時間がすぎていって、話は尽きなかったのですが、そろそろライブハウスが開く時間ということで、私はライブには行かないので、他のメンバーをライブハウス前までお見送り。なんとなく名残惜しい感じがして、ライブハウス前まで着いて行ってました。次回は一緒に行こうねと約束したので、次回はいつものメンバーで女子会をしてから全員揃ってライブを観に行こうと思っています。
tbc脱毛

今、思い切って注文した蜂蜜酒が届くのを楽しみに待っています。
それは英語でミードやハニーワインなどと呼ばれ欧米ではわりとポピュラーで、なんと人類の歴史で一番古いお酒なのだそうです。
北欧神話にも記述があるそうで、そういうところに興味を持ちました。

届いたら家族みんなと飲みます。
私の家族はワイン党でよくワインを買って来るのですが、前に両親と妹がそれぞれ旅行先でワインを買って来て私だけ単にいただくだけの時がありました。
それでは申し訳ないと輸入食料品店でドイツの良いワインとオランダ産のチーズなどを買い家族に提供したら喜ばれたことがあります。

その再現ということではないのですが、一人で飲むより楽しそうですし、家族はおそらく蜂蜜酒を飲んだことがないのでしょうから良い体験になるでしょう。
その時に上記の人類の歴史で一番古いお酒だといううんちくを話したらより喜ばれるのではないでしょうか。
いや、単に呆れられるだけかも・・・いいや、とりあえずしてしまえ(笑)

人類の歴史とお酒の歴史は非常に密接な関係があるようなので、お酒のことを学ぶことで人類の色々な面を知ることができるのではないかと期待しています。
もっともっと色んなお酒を知りたい、飲みたいと思っている私でした(笑)
ミュゼ高田馬場

もうすぐ夏が近づいてきました。この季節になると、小学校時代の夏休みが思い出されます。あの頃は夏休みが本当に大好きで、毎日カレンダーを見ながら夏休みまでの日数を指折り数えたものです。
うちの両親は宿題さえきちんとやればそれで良しと考えていたので、特に勉強について小言を言われることもありませんでした。いつもよりゆっくり起き、そしてずっとテレビを見ていられるのが嬉しかったです。夏休みの子供向けにたくさん放送されるアニメは、毎日の楽しみでした。
そして、夏休みで最も楽しみだったイベントは家族旅行です。行先は新潟だったり栃木だったり、はたまた静岡だったりと毎年異なりました。今でも特に印象に残っているのは、栃木のキャンプ場で過ごした三日間です。宿泊場所はキャンピングカーだったので、かなり新鮮でした。たくさんのアマガエルや大きな虫たちにちょっと驚きながらも、自然に触れてのんびり楽しく過ごすことができました。
今でも旅行が好きでよく行きますが、どんなに楽しくても子供の頃程の高揚感はないなと思ってしまいます。やはり夏休みというものは、子供たちにとって特別でかけがえのない時間なのでしょうね。今私は十分幸せなのであの頃には戻りたくはないですが、子供時代の夏休みには一瞬戻ってみたいような気がします。
乳酸菌

私は、人生においてこんなに美味しいものがあったのかと思うものを、食べることができました。それはマンゴーです。そのマンゴーは、近所の人が旅行に行っていたということで、そのお土産として頂いたものです。それを頂いたときは、すぐにマンゴーであると思うことができました。そのマンゴーの香りがすごかったからです。それを持参してくれた時に、玄関にマンゴーの香りが立ち込めていたくらい、その香りが充満していました。
早速食べてみることにしました。そのときは、残念なことに、子供たちも全員揃っていたので、一人分の食べる量が少ししかありません。しかもそのマンゴーを切っているうちから、どんどん食べられてしまいます。我が家では、マンゴーを食べる機会がなかったので、その珍しい果物に対して、家族全員が興味深々だったのです。そして私が食べようとした時には、やっぱり全てなくなっていました。私が食べたのは、マンゴーの種の周りの果肉です。その少しの果肉でも、とっても美味しく頂くことができました。そしてその時、この世の中には、たくさん私が知らない、美味しいものがあると思い、これからも食べたことがないものについて、色々を調べて行こうと思っています。
マンゴーの通販